中古の軽自動車を購入するメリット・デメリットについて学ぼう!

公開日:2021/12/15  最終更新日:2021/12/01

中古車にも新車にも、それぞれメリットとデメリットが存在します。また、購入する販売店によって価格に差が出るため、質の高い中古車を安価に購入するポイントを押さえることも重要です。そこでこの記事では、中古の軽自動車を購入するメリットとデメリット、購入時のポイントを紹介します。

中古の軽自動車を購入するメリット

最初に、中古の軽自動車を購入するメリットにはどのようなものがあるか解説します。

安さ

中古の軽自動車を購入する最大のメリットは価格の安さです。最新モデルであってもコストを抑えて購入できる可能性が高まります。また、予算によっては新車より高いグレードの軽自動車を購入できる点も魅力でしょう。

納車の早さ

人気の高い新車の場合、発注してから納車まで数ヶ月待たされるケースもあります。その点、すでに現物がある中古車は、点検や整備、名義変更といった手続きが終了後、早ければ1週間程度で納車が可能です。

運転が気楽にできる

新車を購入した場合、車体にキズがつくことを気にする人もいるでしょう。しかし中古車であれば、すでにキズがついている可能性があり値段も安いため、新車に比べ気楽に運転できます。免許を取得したばかりの人や、久しぶりにハンドルを握る人にもおすすめです。

オプションパーツが付いているケースも

中古車には、前オーナーがカーナビやETC、盗難防止アラームといったオプションパーツを取り付けているケースも多いです。エアロパーツのように個性が際立つカスタムをしている車両もあるため、希望する装備が取り付いた状態で購入できる点もメリットでしょう。

生産終了モデルが見つかる

生産を終了しているモデルや、旧車を購入できるのも中古車の強みです。希少なクラシックカーや限定モデルなども、中古市場に出回っている可能性があります。中古であれば、希望の車両を見つけられるかもしれません。

中古の軽自動車を購入するデメリット

続いては、中古の軽自動車を購入するデメリットを解説します。

車両状態の違い

車両の状態が11台違う点が中古車のデメリットです。同じモデルでも、過去にどんな乗り方をされていたかによって車の状態はまったく異なります。新車とほとんど変わらないコンディションの新古車から、走行距離の多い車や事故車両までさまざま

新車に比べ不具合が発生するリスクも高く、前オーナーが修繕履歴などの情報提供をしていない可能性も考えられるため、中古車選びは新車選びより難しいといえるでしょう。

メーカー保証の期間が短い

中古車はメーカー保証期間が付いていなかったり、短期間であったりする点もデメリットです。そのため、独自の保証サービスを提供している販売店で購入するなどの対策が必要になります。

買取価格が安い

いずれ中古車を売却しようと考えている場合、買取価格は期待しないほうがよいでしょう。車はワンオーナーの車両のほうが高く売れるため、中古で購入した軽自動車は安価で買い取られるケースが多いです。また、状態によっては売却できず廃車を選択しなければいけない可能性もあります。

質の高い中古の軽自動車を安価に購入するためには?

ここからは、質の高い中古の軽自動車を安価に購入するポイントを解説します。

販売店選びが重要!

質の高い中古の軽自動車の購入には、販売店の選択が重要です。中古車販売店には個人経営の小規模な店舗もありますが、確実なのは大手の販売店です。

実績や口コミが豊富な販売店を選択することで、質の高い車両に出会う可能性は高まります。また、全国展開している大手販売店であれば、全国にある在庫から希望に合った車を探すこともできるでしょう。

状態を確認!

年式が新しい車両=質の高い車両、というわけではありません。年式が古いモデルでも、状態のよい車両は多いです。逆に、比較的新しい車両が修繕履歴を持つケースもあります。

また、年式に対して走行距離が少なすぎる車も要注意です。エンジンはある程度駆動させなければ調子が上がらないため、走行距離が少ない車両だからといって、質が高いと判断しないようにしましょう。

フルモデルチェンジ後がねらい目!

人気の高い車種の場合、フルモデルチェンジ直後に型落ちモデルが中古市場に流れる可能性が高いです。中古市場に在庫が増えることで価格も下がるため、質の高い車両を安価で購入できるチャンスが増えるでしょう。

現状渡しに注意!

販売店の中には、現状渡しを条件に価格を下げて中古車を販売しているケースもあります。購入する側も安さにつられ受け入れてしまうかもしれませんが、整備も保証もなしで中古車を購入するのは控えましょう。

中古車の場合、購入直後にトラブルが発生する可能性もあります。そのため、最低限の整備を受け、保証サービスが付属している軽自動車の購入がおすすめです。

 

この記事では、中古の軽自動車を購入するメリットとデメリットを紹介しました。価格の安さや納期の早さ、オプションパーツなど、中古車にも豊富なメリットがあります。

ただし、中古車を購入する際は販売店選びも重要といえるため、安さだけではなく販売店の規模やサービス内容にも目を向けなければいけません。この記事で解説したポイントを押さえ、失敗しない中古車選びをしてください。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

車を運転していれば、相手のいない物損事故だけではなく、被害者のいる人身事故を起こしてしまう可能性があります。しかし、人身事故を起こしてしまうと動揺して、何をすればよいのかわからないということ
続きを読む
車は、こまめに洗車やメンテナンスをして、たいせつに乗っていても、傷がついたり汚れたりします。その中でも、ヘッドライトの黄ばみや汚れが気になっている方は多いのではないでしょうか。ヘッドライトに
続きを読む
普段何気なく運転している軽自動車は、いつタイヤ交換をするべきなのでしょうか。何か目安やサインがあればきっとわかりやすいはずです。しかし、今まであまり考えずに乗り続けてきた方は、もうタイヤ交換
続きを読む