軽自動車を購入するメリット・デメリットについて知っておこう!

公開日:2022/01/01  最終更新日:2022/03/08


軽自動車の購入を検討しつつも、「本当に軽自動車でいいのだろうか?」という不安に思う方も多いのではないでしょうか?確かに、セダン、ミニバン、コンパクトカーなど車の種類は多々あるため、一台に絞るのは非常に大変かもしれません。そこでここでは、軽自動車を購入するメリットとデメリットを解説するため、参考にしてみてください。

軽自動車とは?

軽自動車は「排気量が小さい」や「黄色のナンバープレート」といった違いだけではなく、いくつかの規格を満たした車を指しています。

■排気量

軽自動車の排気量は、660cc以下と定められています。何度か法改正が行われており、660㏄以下になったのは平成元年2月、施行は平成21月です。ちなみに昭和509月(昭和511月施行)から平成元年までの軽自動車の排気量は550㏄以下、定期的ではないものの、少しずつ排気量は大きくなっています。

■ボディサイズ

軽自動車は、全体的なボディサイズも明確に定められています。ボディサイズも少しずつ変化しており、平成10101日より制作された軽自動車に関しては、長さが3.40m以下、幅は1.48m以下、高さは2.0以下です。

■軽自動車税や重量税

軽自動車の所有者には、各市区町村より軽自動車税が課税されます。軽自動車税は、普通車に課税される自動車税と違い、一律1万800円です。重量税についても一律6,600円、ただしこの重量税は13年を経過していない軽自動車であり、13年経過、18年経過で支払う金額は増えていきます。

■乗車人数と積載量

軽自動車の乗車人数は4人迄、最大積載量は350㎏と規定されています。しかし、乗車人数については、12歳未満の子どもが乗る場合に限り、12歳の子ども3人が大人2人分とされるため、法律上は一時的に5人が乗車することも可能です。ただし、シートベルトは4人分しかありませんから、安全面を考えるとオススメできる乗り方ではありません。

軽自動車を購入するメリット

軽自動車には、「維持費が安い」や「手続きが簡単」など多くのメリットがあります。まずは、軽自動車を購入するメリットからご紹介していきましょう。

■維持費が安い

前述した税金を含め、全体的に維持費が安い点は、軽自動車の大きなメリットです。たとえば、車検費用は一般的に普通車より安くなる傾向にあります。もちろん、経年劣化や各種交換などを行えば、それなりの費用になりますが、全体的に見ても安くなります。また、日常のメンテナンスでも普通車とは差が出るようです。タイヤ交換、オイル交換などさまざまなメンテナンスで違いが出てくるでしょう。

■手続きが簡単

軽自動車は、普通車のように国土交通省に登録する必要がありません。軽自動車の登録は軽自動車審査会、地域にもよりますが、車庫証明も不要です。

■乗りやすい

軽自動車は、車体が小さいため、街乗りには最適です。狭い道や繁華街でも普通車ほど圧迫感を感じることなく運転できるでしょう。また、近年の軽自動車は、車内も広く設計されています。買い物しても多くの荷物を乗せることができ、子どもの乗り降りも非常に楽です。

■燃料代が安い

軽自動車の燃料代は、一般的に普通自動車よりも安くなります。なぜなら、普通車に比べ排気量が低く、燃費のよい車が多いからです。高速道路や坂道の場合は、燃費が悪くなる傾向にありますが、通勤や買い物など日常生活で利用する分には燃料代が安く済むでしょう。

軽自動車を購入するデメリット

軽自動車には、メリットだけではなく、いくつかのデメリットもあります。購入する場合は、メリットのみで検討せず、デメリットを把握した上で購入を検討していきましょう。

■車の安全性

車体が小さく軽いという特徴があるため、安全性に不安を感じることがあるかもしれません。とくに、近年の軽自動車はタント、ムーヴキャンパス、NBOXなど車高が高い傾向にあります。安易にスピードを出していると、風に煽られるので注意が必要です。また、万が一事故を起こしたときの被害も大きくなる可能性があります。

4人以上乗れない

4人以上乗れないという点は、軽自動車のデメリットの一つです。また、子どもが小さいうちはよくても成長と共に狭くなる可能性があります。家族全員が乗り、大量の買い物をした場合はかなり窮屈になってしまうかもしれません。

■スピードが出ない

軽自動車の排気量は、660㏄以下と定められているため、どの軽自動車を選んでもスピードが出ません。とくにエアコンを使用しているときや坂道のときは、「スピードが出ないな」とはっきりわかると思います。坂道に入ったからエアコンを一時的に切る方も多いのではないでしょうか?

 

軽自動車は、維持費が安く乗りやすい車です。近年はかわいいデザインの軽自動車も多く、年齢層を問わず人気があるといえるでしょう。しかし、そんな軽自動車にもメリットとデメリットがあります。自動車の用途や子どもの成長など、さまざまな観点から検討することが大切です。「どんな軽自動車を購入しようかな?」と考えている時間もカーライフの楽しみの一つ、メリットとデメリットを理解した上で、ぜひ自分に適した一台を見つけてください。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

高級車を安く購入したい、欲しい車種が現在販売されていないなど、中古車を購入する動機は人によってさまざまです。中古車は費用を抑えて購入できたり、気に入った車種を選べたりと魅力が多いです。この記
続きを読む
中古車は保証付きで買うのがおすすめです。中古車は費用を抑えて購入できる魅力がある一方、前の持ち主がどのように使用していたか、分かりづらいデメリットがあります。購入後、安心して使用するために保
続きを読む
中古車の中には、新古車や未使用車と呼ばれる車があるのを知っていますか。知らない人も多いと思います。この記事では、新古車と新車、中古車の違いやメリットとデメリット、新古車を買うとき押さえるべき
続きを読む