軽自動車の購入に必要な書類は?やっておくべき準備と手続きの流れ

公開日:2022/01/01  最終更新日:2021/12/14


自動車を購入する際には、いくつかの書類を用意する必要があります。書類をしっかり確認しておかないと、後々「○○が必要だった!」「○○がない!」など慌てることも。そこで今回の記事では軽自動車の購入に必要な書類とやっておくべき準備について解説します。軽自動車の購入を検討している方はぜひ早め早めの準備を進めましょう!

軽自動車の購入時に必要となる書類

中古の軽自動車の場合

中古の軽自動車を購入する場合の書類は以下の通り。

・住民票
・印鑑
・車庫証明
・自動車検査証
・自賠責保険
・委任状

住民票は交付から3か月以内のものを用意しましょう。住民票の交付を市役所で行う場合には本人確認書類が必要です。運転免許証やマイナンバーカード、パスポート、健康保険証などを忘れずにもって行きましょう。市役所でなくてもマイナンバーカードであればコンビニで住民票の写しを発行できます。

次の自動車検査証は任意保険に加入する際に必要になります。販売店からコピーを貰っておくと安心ですね。また委任状は名義変更を自分で行わない場合のみ必要になります。自身で名義変更を行う場合は必要ありません。

新品の軽自動車の場合

新品の軽自動車を購入する際に必要な書類は以下の3点です。

・住民票
・印鑑
・車庫証明

軽自動車は普通自動車のように資産にはならないため、実印や印鑑証明書は必要ありません。

住民票の発行は「中古の軽自動車の場合」の見出しを参照ください。印鑑はシャチハタではなく、朱肉で押すタイプのものがあるとよいでしょう。

購入から納車までの流れ

中古車購入から納車まで

・1.契約
お好みの中古車を選び、売買契約を結びます。

・2.書類の準備
中古車を購入する場合は車庫証明や、名義変更を依頼する場合は委任状を用意します。委任状は当日に販売店で作成することがあるため、実印を持参するとよいでしょう。

・3.登録と名義変更
名義変更に必要な譲渡証明書、車庫証明、自動車検査証、自賠責保険などの書類をもって、「軽自動車検査登録事務所」で手続きを行います。普通自動車の場合は陸運局ですが、軽自動車の場合は異なるので注意が必要です。

・4.納車前の点検
エンジンを始めとし、車両に不具合がないか点検を行います。カーナビの後付けやオプションを付ける場合にはあらかじめ伝えておいてください。

・5.お支払い
点検が完了したらお支払いです。ローン購入か一括購入かそれぞれに応じた支払いを行います。

・6.納車
ここまでくればいよいよ納車です。最終確認で傷やへこみ、知らされていない不具合がないかを確認します。チェックが終わり次第確認書類にサインをして納車完了になります。

 

中古車の納車は新車に比べて短いことが多いです。その理由は生産が終了しているから。現在の新車はほとんどが受注生産となっており、注文が入ってから生産に移ることがほとんどです。

そのため注文してから納車までに3か月以上かかったり、納車が遅れたりします。中古車はそのような心配がないため「すぐに車が欲しい」「そんなに待っていられない」という方には中古車がベストでしょう。

新車購入から納車まで

・1.予算と条件の設定
新車を購入する際はまず予算と条件をまとめておくとよいでしょう。ローンを組む場合には「一か月どの程度支払えるのか」「購入は現実的か」しっかり計算しておくことも必要です。

・2.新車選び
予算や条件を設定したら、次は新車の中から好きな車を選定します。購入したい車が見つかったら、カラーやグレード、オプションなど細かい部分も決めておきましょう。

・3.書類の準備
新車の書類の準備は中古車に比べて多くありません。住民票と車庫証明を発行しておきましょう。

・4.販売店などで見積もり
販売店に行って見積もりを出してもらいます。実際に試乗もできるので興味のある方は乗っておくとよいでしょう。なお試乗には予約が必要な場合があるため、店舗等に確認を取っておくと安心です。

・5.契約
一括払いかローンかを選択し、支払を済ませます。ローンの組み方によっては支払金額が変わるのでしっかり手続きを済ませましょう。

・6.納車
いよいよ納車です。新車で受注生産の場合は車が完成するまで最低でも12ヶ月程度待つ必要があります。一方生産が完了し在庫がある状態であれば、すぐに納車できるでしょう。

その他やっておくべき準備

駐車場の確保

車庫証明を取るためには、自宅に車が入るだけのスペースを確保するか、駐車場を借りるかしかありません。車の購入には車庫証明は不可欠なので、車の書類準備を始めた段階で駐車場も探しておきましょう。

カーローンの検討

ディーラー系のローン以外でローンを組みたい方は、車購入前に手続きを済ませておく必要があります。ディーラー系以外には銀行のローン、信販系ローンがあります。万が一審査が通らなかったことも考えておく必要があるため、ローンを組む場合は早めの準備が必要です。

まとめ

今回は軽自動車の購入に必要な書類や手続きについて紹介しました。自動車を購入する場合には中古か新車かでも必要になる書類が変わってきます。自分が買いたい車の種類に応じて適切な書類を用意するようにしましょう。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

車を運転していれば、相手のいない物損事故だけではなく、被害者のいる人身事故を起こしてしまう可能性があります。しかし、人身事故を起こしてしまうと動揺して、何をすればよいのかわからないということ
続きを読む
車は、こまめに洗車やメンテナンスをして、たいせつに乗っていても、傷がついたり汚れたりします。その中でも、ヘッドライトの黄ばみや汚れが気になっている方は多いのではないでしょうか。ヘッドライトに
続きを読む
普段何気なく運転している軽自動車は、いつタイヤ交換をするべきなのでしょうか。何か目安やサインがあればきっとわかりやすいはずです。しかし、今まであまり考えずに乗り続けてきた方は、もうタイヤ交換
続きを読む